閉じる
カテゴリー
もっと見る:英語

決定版!住所/所在地を英語で書くわかりやすい方法

日本の住所や所在地を英語で書き表すには、いくつかパターンがあります。

ここではオーソドックスな表記方法として、ハイフン付き数字にして、区切って、ひっくり返して、英語に変換する という手順をご紹介します。

まずは、基本的な書き方として:

【〒100-8913 東京都千代田区霞が関1丁目2番3号】

を例にとって、住所/所在地を英語にする方法を解説します。

なお、例示する住所/所在地は人事院のものですが、本頁と人事院は何ら関係ありません。

目次

ハイフン付き数字にする

ハイフン付き数字にするとは、住所/所在地のうち、数字で構成される部分、つまり「丁目」「番地」「番」「号」などをハイフンに置き換えるという意味です。

「東京都千代田区霞が関1丁目2番3号」の例でいうと、次のようになります。

1丁目2番3号 → 1-2-3

また、部分的に漢字表記であったり、全角が使用されていたりしても、同様に処理します。

1丁目2ー3 → 1-2-3

1ー2ー3 → 1-2-3

英語では、全角を使用しません。

この部分が全角のままというのは、英訳でよくあるミスです。

英語の場合、全角だと、英語のビジュアルとして不自然なだけではなく、入力エラーや文字化けなどのトラブルにもつながりかねません。

区切る

次に、住所/所在地の各語を区切ります。

〒100-8913 東京都千代田区霞が関1-2-3 ⇒

〒100-8913 東京都 千代田区 霞が関 1-2-3

ハイフン付き数字の部分は、ひとかたまりとして考えます。

ひっくり返す

次に、区切った各語の順番を、ひっくり返します。

〒100-8913 東京都 千代田区 霞が関 1-2-3 ⇒

1-2-3 霞が関 千代田区 東京都 〒100-8913

ハイフン付き数字の部分は、ひとかたまりなので1-2-3のままです(3-2-1としない)

英語にする

順番をひっくり返したら、ここではじめて英語に変換します。

1-2-3 霞が関 千代田区 東京都 〒100-8913 ⇒

1-2-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8913

日本語では、わざわざ住所/所在地に「日本」と書きませんが、英語の場合はJapanを書き足しましょう

日本人がミンスクと聞いてベラルーシだとわからないように、海外の人は東京と聞いて日本だとわからないためです。

特に国際便の場合には、Japanは必須です。

ただ、読み手にとって、日本であることが明らかな場合には不要です。

1-2-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8913, Japan

各語の間は半角スペースを入れますが、数字で構成される部分(1-2-3)の後ろ、郵便番号(100-8913)の手前を除き、カンマも挿入します

郵便番号を記載しない場合は、都道府県とJapanの間にカンマが入ります。

郵便番号を記載しない場合

1-2-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan

以上が住所/所在地を英語でわかりやすく表記する基本的な手順です(1丁目を1-chomeと表記する方法もあります)。

以下では、細かいところを見ていきましょう。

都、府、県は省略する

日本語の都は英語のMetropolis、その他の道府県はPrefectureが相当します。

しかし、住所/所在地を表記する場合、MetropolisやPrefectureは省略するのが一般的です(書いても大丈夫ですが、くどいです)。

  • 東京都:Tokyo
  • 大阪府:Osaka
  • 京都府:Kyoto
  • 福岡県:Fukuoka
  • 北海道:Hokkaido

市、区、町、村、群はローマ字表記でOK

日本語の市区町村は、英語のCity、Town、Villageなどが相当します。

しかし、住所/所在地を表記する場合、市、区、町、村をいちいち英訳する必要はありません。

そのまま-shi -ku -machi/-cho -muraでOKです(City、Town、Villageがダメというわけではありません)。

また、群も同様に-gunでOKです。Countyのような英訳は不要です。

なお、いずれの場合も、ハイフンをつけるのが望ましいです。

  • 千代田区:Chiyoda-ku
  • 多摩市:Tama-shi
  • 日の出町:Hinode-machi
  • 小笠原村:Ogasawara-mura
  • 西多摩郡:Nishitama-gun

補足:市区町村群のローマ字を省略すると不都合が出ることも

市区町村群に対して、-shi -ku -machi/-cho -mura -gun をつけずに、省略するパターンもあります。

区(-ku)を省略

東京都千代田区 ⇒

Chiyoda, Tokyo XXX-XXXX, Japan

これでも実用性はありますが、省略することで同じ言葉が続いて不格好になることがあります

そのため、なるべくなら英語にする場合、市区町村群は省略しないことをおすすめします。

省略により同じ言葉が続いてしまうケース

大阪府大阪市:Osaka, Osaka XXX-XXXX, Japan

長野県長野市:Nagano, Nagano XXX-XXXX, Japan

福岡県福岡市:Fukuoka, Fukuoka XXX-XXXX, Japan

埼玉県さいたま市:Saitama, Saitama XXX-XXXX, Japan

ビル名・マンション名・アパート名がある場合

住所/所在地にビル名・マンション名・アパート名がある場合は、部屋番号とひとかたまりにして、先頭に置きます

その際、後続するものとは、カンマで区切ります。

なお「号室」の類は省略可能ですが、Room No. 101 のように訳出しても大丈夫です。

※下記例文中のビル名は架空のものです。

ビル名・部屋番号がある場合

〒100-8913 東京都千代田区霞が関1丁目2番3号 あけぼのビル101号室 ⇒

Akebono Building 101, 1-2-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8913, Japan

ビルはBuildingまたはBldg.(省略時にはドットが必要です。参考:会社名の正しい英語表記|Co., Ltd.によくあるミス)とします。

マンションは、少し考え物です。英語のMansionは日本語のマンション(集合住宅)とは意味が異なり、豪邸の意味になります。そのため、Apartmentと表現する方がしっくりきます。しかし、これは一般名詞としての話です。

住所/所在地の場合「XXXマンション」は、ほぼすべて固有名詞です。例えばライオンズマンションであればLions Mansion、パークマンションであればPark Mansion とする他ないでしょう。

やや歯がゆいところですが、幸い、今はマンション名に対して「XXXマンション」とするのは少数になっています。

アパートは、そのままApartmentで問題ありません。

和製英語を使った建物名はとても多いですが、住所/所在地の場合は、おかまいなくその通り表記するのが無難です。以下、一例です。

建物名の和製英語 一例(そのまま使用)
  • ビル:Building
  • マンション:Mansion
  • アパート:Apartment
  • 荘:-Sou
  • コーポ:Cooperative House
  • ハイツ:Heights
  • レジデンス:Residence
  • ヴィラ:Villa
  • パレス:Palace
  • コート:Court
  • ガーデン:Garden
  • パーク:Park
  • テラス:Terrace
  • アリーナ:Arena
  • メゾン:Maison(フランス語)
  • カーサ:Casa(イタリア語)
  • ハイム:Heim(ドイツ語)

なお、よくある一番館、一号棟は「No1. 建物名」とできます。

一番館であれば、「1-bankan」「ichibankan」もアリだと思います。

一番館/一号棟を英語で表記する場合

〒100-8913 東京都千代田区霞が関1丁目2番3号 あけぼのビル一番館(一号棟)101号室 ⇒

No.1 Akebono Building 101, 1-2-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo 100-8913, Japan

関連ページ

英語をわかりやすく解説!

目次