閉じる
カテゴリー
もっと見る:英語

英語で「環境にやさしい」を表現するには

環境にやさしい製品、環境にやさしい行動、環境にやさしい技術・・

近ごろは、ビジネスでも生活でも、環境に配慮することが求められています。

では、この「環境にやさしい」はどうやって英語で表現したらいいでしょうか。

目次

オーソドックスな英訳"Environmentally Friendly"

英語で「環境にやさしい」を表現するとき、使い勝手が良いのが environmentally friendly です。

日本語の「環境にやさしい XXX」は、多くの場合 environmentally friendly XXX と直訳的に表現できます。

"Environmentally Friendly"を使った例
  • 環境にやさしい製品:environmentally friendly products
  • 環境にやさしい行動:environmentally friendly actions
  • 環境にやさしい技術:environmentally friendly technologies
  • 環境にやさしい企業:environmentally friendly companies
  • 環境にやさしい包装:environmentally friendly packaging
  • 環境にやさしい自動車:environmentally friendly automobiles
  • 環境にやさしいエネルギー:environmentally friendly energy

environmentally friendly の代わりに environment-friendly と表現することもできます。

environment は名詞なので、friendlyと組み合わせてひとつの修飾語にするため、間にハイフンをつけます。

ただ、ハイフンは日常的に省略されることもあります。

Environmentally Friendly の同義語

英語の「環境にやさしい」に相当する語として、environmentally friendly の他に:

eco-friendly、earth-friendly、nature-friendly

などがあります。いずれもfriendlyの前は名詞なので、やはりハイフンをつけてひとつの修飾語としてまとめます。

基本的な意味はどれも同じです。

eco-friendlyは生態系にやさしい=環境にやさしい

earth-friendlyは地球にやさしい=環境にやさしい

nature-friendlyは自然にやさしい=環境にやさしい、と解釈できます。

環境、生態系、地球、自然など、具体的に視点があるなら、それに応じた語を使用すればOKですが、厳密な使い分けが存在するわけではありません。ただ、ひとつの文章においては、ころころ表現を変えるべきではなく、ひとつの表現を使い続けた方が読み手にとってやさしい"reader-friendly"な文章になります。

friendlyを使った表現の他に、green を使うこともあります。例えば、日本でも浸透してきた、環境にやさしい調達を意味する「グリーン調達」は、そのまま green procurement です。

greenには、もちろん「緑色」の意味もあるので、緑なのか環境にやさしいのか判断に悩むような文脈では、使わない方が無難でしょう。

ちなみに、環境にやさしい姿勢を取ることを、go green と言います。

その他、sustainable (持続可能な)を使って、環境にやさしいことを遠回しに表現することもできます。sustainableは、主に動作に対して使います。

sustainable developmentは持続可能な成長=環境にやさしい成長

sustainable procurementは持続可能な調達=環境にやさしい調達

というように、sustainableを使って環境にやさしいというニュアンスを出せますが、sustainableはやや大げさ、仰々しい表現です。

さらに、限定的ではありますが、廃棄物や環境有害物質を出さないという意味で zero-emission を使うケースもあります。

    zero-emission を使った例
  • zero-emission automobiles:排ガスゼロの自動車
  • zero-emission motorcycles:排ガスゼロの二輪車
  • zero-emissions power plants:排ガスゼロの発電所

環境活動家として世界の注目を集めたグレタ・トゥーンベリさんは、環境負荷の大きい飛行機には乗らず、"zero-emissions yacht" または "zero-carbon yacht" に乗って移動していると報じられていました。

説明調の表現にする

「環境にやさしい」という形容句にとらわれず、説明調な表現にすることもできます。

環境負荷を減らす製品:
products which reduce environmental impact

持続可能な環境に貢献する事業活動:
business activities which contribute to a sustainable environment

プラス的な表現にする

これまで紹介した「環境にやさしい」は、環境負荷が小さいという表現で、突き詰めると環境負荷はある、つまりマイナスです。

もし、現状の環境をよりよくする、つまりプラスの状態にすると表現したい場合には、次のように直接的に英訳できます。

環境を救う技術
technologies which save the environment

「環境を守る取り組み
initiatives to protect the environment

関連ページ

英語をわかりやすく解説!

目次