Top >> 英語・翻訳

良い・普通・悪い|英語で3~5段階評価を表現するには

英語でアンケートや資料を作成するとき、評価項目の「良い・普通・悪い」をどのように表現すべきか悩む人が少なくありません。

ここでは、英語で3段階評価、4段階評価、5段階評価をどう表現するか、よくある例と共に解説したいと思います。

目次

英語で3段階評価を表現するには

ここでの3段階評価とは、「良い・普通・悪い」です。

英語では、一般的に次のような表現があります。各パターンは、筆者がよく見かける順に並べています。

  1. Excellent
  2. Good
  3. Poor

  1. Excellent
  2. Average
  3. Poor

  1. Excellent
  2. Good
  3. Average

もし3段階評価で迷ったら:

Excellent
Good
Poor

とするのがもっとも無難で、間違いがありません。

Poorは「貧しい」の他にも、ひどい、悪いといったニュアンスを持つ単語です。

また、Averageは「平均的」なので、「普通」を表現するのによく用いられます。

英語で4段階評価を表現するには

次に、英語で4段階評価を表現する場合を見てみましょう。

ここでの4段階評価とは、「大変良い・良い・普通・悪い」です。

同様に、よく見かける順に並べました。

  1. Excellent
  2. Good
  3. Average
  4. Poor

  1. Excellent
  2. Good
  3. Satisfactory
  4. Poor

  1. Excellent
  2. Great
  3. Good
  4. Fair

  1. Excellent
  2. Very Good
  3. Good
  4. Poor

  1. Excellent
  2. Good
  3. Fair
  4. Poor

  1. Great
  2. Good
  3. Fair
  4. Poor

4段階評価になり、表現のパターンが増えました。

もし迷うようなら:

Excellent
Good
Average
Poor

と表現するのが無難です。

Satisfactoryは「満足な」という意味です。Fairは「まぁまぁ」「そこそこ」という意味です。

英語で5段階評価を表現するには

最後に、英語で5段階評価を表現する場合です。

ここでの5段階評価とは、「大変良い・良い・普通・悪い・大変悪い」です。

よく見かける順に並べていますが、パターンが多いため、上位4位未満はどれも「たまに見かける」ぐらいです。

  1. Excellent
  2. Very Good
  3. Good
  4. Average
  5. Poor

  1. Excellent
  2. Very Good
  3. Fair
  4. Poor
  5. Unacceptable

  1. Awesome
  2. Excellent
  3. Good
  4. Average
  5. Poor

  1. Outstanding
  2. Excellent
  3. Very Good
  4. Average
  5. Below Average

  1. Outstanding
  2. Excellent
  3. Very Good
  4. Satisfactory
  5. Below Average

  1. Outstanding
  2. Excellent
  3. Very Good
  4. Average
  5. Below Average

  1. Outstanding
  2. Very Good
  3. Satisfactory
  4. Marginal
  5. Unsatisfactory

  1. Excellent
  2. Very Good
  3. Good
  4. Fair
  5. Poor

  1. Excellent
  2. Good
  3. Fair
  4. Poor
  5. Very Poor

5段階評価の表現はたくさんあります。

迷うなら、やはり最もよく見かける:

Excellent
Very Good
Good
Average
Poor

と表現するのが無難です。

Unacceptableは「受け入れられない」、Below Averageは「平均以下」、Marginalは「最低ギリギリの」、Unsatisfactoryは「満足いかない」の意味です。

英語ネイティブ以外も評価するのであれば、Marginalのような(非ネイティブにとって)見慣れない言葉を使用するのは避けたほうが良いでしょう。

Goodには「普通」のニュアンスもある

英語のGoodは「良い」以外にも、「まぁ良いんじゃない?」「まぁそれなりだね」のニュアンスがあります。

そのため、評価では「普通」として利用することができます。

「普通」に対してnormalは使わない

「普通」を英語で表そうとすると「normal」が思いつくかもしれませんが、評価においてnormalはほとんど使用しません。また、「ordinary」も同様にほとんど使用しません。

「普通」に対しては、Good、Average、Fairを使用するのがより一般的です。また、上記のパターンでは出てきませんでしたが、「OK」「Okay」を使うこともあります。

GoodとAverageはどちらが上?

GoodもAverageも「普通」にあてることができます。しかし、同時に使用する場合には「Good>average」が成り立つことが上記のパターンから読み取れます。

ただ、これはあくまで評価において並列しているときに成り立つものと思われます。

Excellent以外の最高評価の表現

最高評価「大変良い」に対しては「Excellent」を使用することが最も多いと思います。

ですが、もっと感動的に素晴らしいと表現したいなら、OutstandingやAwesomeをExcellentの上位に置くこともあります。

上記のパターンからは、各単語の程度は「Outstanding=Awesome>Excellent」と読み取れますが、これはあくまで評価において並列しているときに成り立つ関係だと思われます。

そのため、実際の英会話では、ExcellentよりOutstandingの方が程度が大きい、というように言い切ることはできません。どの単語も、その程度は主観によるところが大きいです。

「悪い」に対してBadはあまり使わない

日本人的な感覚すると、「悪い」に対しては「Bad」を使いたくなると思います。しかし、英語で評価するときにはあまり「Bad」を使用しません。

しかし、絶対に使用できないわけではありません。実際に「Good-Average-Bad」のように表現することもあります。ただ、Badはかなり直接的な表現で、トゲがあるように感じます。

特に意図がない限り、「悪い」に対してはpoorを使うのが無難です。

英語は、日本語よりも段階評価を表現するパターンが豊富であると思います。日本語の「良い・普通・悪い」をそのまま「Good-Normal-Bad」としてしまうケースがありますが、せっかくならもっと自然な表現を使ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:英語・翻訳

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次