Top >> 英語・翻訳

意外と難しい?取引先を英語でどう表現するか

取引先という言葉は、規模を問わず、ビジネスで頻繁に使用されます。

取引先は、その意味の広さから、英語で表現しようとするときには少し注意が必要です。

目次

日本語の取引先の意味を把握する

まず、日本語の取引先という言葉の意味を理解しておくことが大切です。

取引先は、もちろん取引を行う相手という意味ですが、得意先(顧客)も仕入先(供給者)も含みます。その他、場合によっては、事業運営のためのサービス提供元や、販売代理店も含み、つまり何かしらの取引(金銭の授受)があれば、すべて取引先ということになります。これが、広義の取引先です。

しかし、厄介なことに、話し手によってその範囲が変わることがあります。

例えば、「取引先に見積もり出して」という上司の指示があった場合、これは販売先、つまり得意先(顧客)のみを指すことになります。

また、「取引先に発注書を出して」といえば、仕入先(供給者)を指すことになります。

さらに、もし「取引先の納品書」といった場合、取引先に対して発行する納品書なのか、取引先から受領する納品書なのかわからず、その文脈や背景で判断することになります。このような抽象的な表現は、第三者に見せたときに、混乱を招くので気をつけたいところです。

取引先を英語で表現するにあたっては、まず取引先が広義の取引先なのか、それとも得意先(顧客)なのか、仕入先(供給者)なのか等を把握する必要があります。

※【参考】混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]

広義の取引先を英語にすると・・

得意先(顧客)、仕入先(供給者)、その他金銭の授受を行うすべての取引先を英語で表現する場合には、business partners が最適です。

また、文脈によっては単純に partners で済ますこともできます。

得意先と仕入先だけであっても、同様に business partners でOKです。

得意先のみを指す取引先であれば・・

取引先が得意先(顧客)だけを指す場合には、customers が一般的です。

業界によっては、clients と呼ぶこともあります。

仕入先のみを指す取引先であれば・・

取引先が仕入先(供給者)だけを指す場合には、suppliersvendors を使うのが一般的です。これらは下請けのようなニュアンスですが、フラットなニュアンスを出したいなら、business associates と表現する手もあります。

代理店のみを指す取引先であれば・・

取引先が代理店(仲介業者)だけを指す場合には、agentsdealersdistributors などの表現がありますが、ひとつひとつ性質にあった単語をあてることになります。

取引先のような広い意味を持つ言葉を英語にする場合、辞書に載っている単語をそのまま使用するのは、誤訳のもとです。

言葉がその文脈や背景において、何を指しているのか把握することで、はじめて適切に英訳できます。

なお、ここでは総称としての取引先と考えて複数形で表現していますが、特定の取引先を表すのであれば、「the 単数形」で表現したりします。

関連記事

カテゴリー:英語・翻訳

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次