カテゴリー
閉じる
カテゴリー

奨学金申請理由 家庭事情の例文と書き方

日本学生支援機構の貸与型奨学金または支給型奨学金を申請するときに使える申請理由(家庭事情説明)の例文です。なぜ奨学金を必要とするのか、経済的に困難な理由を簡潔に記述します。

例文12

私が奨学金の貸与を申請したのは、住宅ローンにより家計がひっ迫されているからです。景気の良かったころに組んだローンの額は今の相場とはとても合わず、共働きをしていますがとても貯金できるような家計ではありません。親に過度な負担をかけたくはありませんが、私には進学して学びたいことがあります。申し訳ないと謝ってくれる父や母のためにも奨学金を活用し、就職に生かし、いずれは一緒に家計を支えたいと思っています。

すべての例文を見る

同じキーワードから例文を探す

無難  共働き  

カテゴリーから例文を探す

記事のシェア
役に立った、参考になった、おもしろかった・・もしそう思ったら、シェアしていただけると嬉しいです♪

関連ページ

同じカテゴリーの記事(マネー・奨学金)

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

化学、会計、観光、アニメ、漫画などの分野の用語を収録。

固有名詞・専門用語の日英・英日辞書
ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズ、ゲームを通じて、わかりやすく学べるサイトです。

運営者:オフィスペンぎん

相談/連絡:フォームまたはTwitter