閉じる
カテゴリー
もっと見る:英語

役職/肩書を英語で表現するには

日本語から英語に翻訳するうえで、最も悩まされるのが役職や肩書です。

英語翻訳に従事されている方なら、一度や二度といわず、どう訳すべきか悩んだことがあるでしょう。

ここでは、日本の会社内の役職・肩書を、英語で表現するオーソドックスな方法について紹介したいと思います。

目次

なぜ役職を英語にするのが難しいのか

はじめに、なぜ会社の役職や肩書を翻訳するのが難しいか、簡単にふれておきたいと思います。

会社は、所在国ごとの制度に基づき構成されます。会社の構成自体が諸外国と日本では異なるので、完全に同じ性質や機能を持った役職が海外にあるわけではなく、完全に一致する訳が見つからないことが多いのです。

また、役員のような法的に定められる役職の他に、それぞれの会社が自由に生み出す役職や肩書もあり、また会社ごとにガバナンス体制も異なります。

そのため、特に役職や肩書は適訳を見つけるのが難しく、しかもA社ではこう訳せたけど、B社で同じように訳すと都合が悪い、ということが頻繁に起こります。

役職や肩書の英語を決定するにあたっては、さまざまなことに留意する必要があり、また一度そう訳したら、それ以降定訳として同じように訳し続ける必要が出てきます。

余談ながら、役職の英訳は、会社の広報ツールや株主総会招集通知などでも頻出なので、実はけっこう英訳需要が大きいです。

役職や肩書、属性の英訳 代表例

以上のことを踏まえたうえで、以下では、日本の会社の各役職や肩書、属性のオーソドックスな英訳を例示します。

ご参考にご覧ください。

※以下、単数形で表示しますが、適宜単複を使い分けてください。

役員/従業員

まず、おおまかな属性として、会社に属する人は役員と従業員に分けられます。

役員はofficerと訳せます。

従業員はemployeeと訳せます。

取締役

さて、役員のひとつ取締役ですが、こちらはdirectorと訳せます。

取締役が集う合議体「取締役会」は、the board of directors と訳すのが一般的です。

代表取締役

代表取締役は、通常、representative director と訳します。

representative は「代表の」の意味です。

社外取締役

社外取締役は、outside director と訳します。

independent director という英語表現も見かけることがあります。

監査役

監査役の英語については、単純にauditorとするケースもありますが、公益社団法人日本監査役協会が「監査役等の英文呼称について」で見解を発表し、次のような訳を推奨しています。

監査役:Audit & Supervisory Board Member

監査役会:Audit & Supervisory Board

出自:監査役等の英文呼称について

訳が長くて違和感を覚えるかもしれませんが、ここは業界団体の案を受け入れるのが妥当でしょう。

社外監査役

社外監査役は、社外取締役と同様に、outsideをつけるだけなんですが・・

outside audit & supervisory board member と大変冗長になってしまいます。

このままでも良いんですが、少しでも冗長さを回避するために、audit & supervisory board member (outside) と後ろにカッコ書きする方法もあります。

執行役

執行役は、executive officer と訳せます。

おなじみ、CEO(chief executive officer)のEOに該当します。

ちなみに、ガバナンス関連の英訳では、執行に対してexecutionをよく使います。

代表執行役

代表執行役は、representative executive officer と訳せます。

委員

指名委員会、監査委員会、報酬委員会など、さまざまな委員会がありますが、これらのメンバーは単純にcommittee memberと表せます。

委員長

委員会のトップである委員長は、通常chairperson (chairman) と訳します。そのため、具体的に何の委員会の委員長であるのかを示す場合には、the chairperson of the XXXXXXX committee のように表現します。

・・・・以上、役員は法的に定められる役職でもあるので、割と翻訳しやすいです。 次に、法的に定められていない役職や肩書について、英訳例をあげてみます。

会長

会長は、chairperson(chairman)と訳すのが無難です。

副会長

副会長は、vice chairperson(chairman)でOKです。

ただし、会長の英訳がchairperson(chairman)であることが前提になります。

いろいろな社長

ただの社長は、president が無難です。

代表取締役であれば、president and representative director となります。

社長兼CEOのような肩書であれば、President and CEO で大丈夫です。

副社長

副社長は、vice presidentと訳します。

もちろん、社長がpresidentであることが前提です。

ときたま、社長をCEOとする会社もあるので、うっかりミスには気をつけたいところです。

ここからまた複雑になります。

専務、常務

専務や常務のようなレベルの管理職にも、directorをあてることが多いです。

実際に取締役も受任していれば(専務取締役、常務取締役であれば)directorでなんの問題もありません。

しかし、取締役ではなくてもdirectorをあてることがあり、その場合には少し注意が必要です。

英訳としては、いずれもmanaging directorが無難です。

専務と常務を明確に分けるには、役位が上の方(一般的に専務)をsenior managing directorとし、役位が下の方(一般的に常務)をただのmanaging directorとするのも一手です。

専務と常務の違いについては 専務/常務の違い をご覧ください。

部長、次長、課長、係長

このレベルの役職・肩書は、要するに部門の長になります。そのため、単純にmanager(管理者)と表現するのが無難です。

managerの中でもトップクラスの部長は、general manager とすることが多いです。

そして、課長はmanager、係長はassistant managerとするとスムーズです。

また、次長はvice(副)で表すことができます。部長のひとつ下を指すのであれば、vice general manager とするのがわかりやすいです。

または、代理であることを示すdeputyを使って、deputy general manager も考えられます。

室長

室長は、head of office と訳せます。もちろん、性質的にはmanagerなどでも表現可能ですが、あえて「室」を訳出することで、他の役職・肩書との混同を避けることができます。

例えば、監査室長であればhead of audit office、経営管理室長であればhead of business administration office、研究開発室であればhead of R&D officeのように表現できます。

チームリーダー、グループ長など

このレベルの役職や肩書には、leaderが便利です。

チームリーダーであればそのままteam leader、グループ長であればgroup leaderなどと表現できます。

leaderの代わりに、managerを使うのもOKですが、他の上級職のmanagerと抵触しないように注意したいところです。

職長、現場監督、現場指導員など

職長、現場監督、現場指導員など、いわゆる「親方」的な役職・肩書には、foreperson (foreman)がピッタリです。

作成者、確認者、承認者、決裁者

資料や文書を作成するときの、作成者はpreparer、確認者はreviewer、承認者はapprover、決裁者はauthorizerと考えておくとわかりやすいです。

承認者と決裁者が分かれていないのなら、決裁者に対してapproverを使ってもおかしくありません。

意思決定者

意思決定者は、最近ではカタカナでディシジョンメーカーということもあるように、decision-makerでOKです。

間のハイフンは必要なので、お忘れなく。

担当者、責任者

あらゆる場面で使われる担当者と責任者ですが、英語の場合、いずれもひと言で言い表すことが難しかったりします。

基本的に、担当者はperson in charge of xxxxxxと訳せます。例えば、調達担当者であればperson in charge of procurement、検査担当者であればperson in charge of inspectionと表現できます。

また、責任者はperson responsible for xxxxxxと訳せます。例えば、コンプライアンス責任者であればperson responsible for compliance (activity) と表現できます。

ただ、責任者に対しては、managerやofficerなどの訳をあてるケースもあり、コンプライアンス責任者の例でいえば、compliance managerやcompliance officerのような表現にした方がスマートに感じます。

英語をわかりやすく解説!

目次