閉じる
カテゴリー
もっと見る:ハウツー・コツ

現像写真をデータ化するならAdobe Scan

幼稚園や保育園、小学校などで購入する子どもの写真、スタジオで撮影した写真、古いアルバムにあった写真。

このような現像された写真をデータ化して、スマホやパソコンに取り込んだり、デジタルで保存しておきたいときはスマホアプリ「Adobe Scan」の出番かもしれません。

【PR】 配色サイト "Tricolors"

3色ベースの配色見本Tricolors、タップ/クリックで配色パターンを切り替え!

例:ルフィたんじろうウェディングクジャクシベリアンハスキーコスモス など

おすすめ配色見本サイト Tricolors(トリカラーズ) Color Palettes / Color Combinations

写真もスキャンできる無料アプリ Adobe Scan

Adobe Scan(iOS / Android)は、無料で使えるスキャンアプリです。

無料のスキャンアプリ Adobe Scan

無料とはいっても、さすが先進的なAdobeが提供するサービスだけあって、その機能・性能・使いやすさは突出しています。

私は、もともと書類のスキャナーとしてAdobe Scanを使っていました。Adobe Scanで十分鮮明なスキャン資料が作れるし、なによりハードウェアとしてのスキャナーを置く必要がなくなり、省スペースに一役買ってくれました。

あまりにも性能も良いので、現像写真もスキャンしてみたところ、市販のフォトスキャナーと負けず劣らずの出来栄えで驚きました。PDF以外にもjpegで保存もできるし、スマホ端末への保存も共有も簡単にできます。

斜めに撮っても自動補正してくれる

現像された写真をスマホで上から撮影すると、影や映り込みが入りやすいため、写真に対してすこし斜めから撮影することになると思います。

Adobe Scanのすごいところは、斜めから撮影しても、自動的に正面から撮ったように補正してくれるところです。すごすぎてビックリしました・・

ただ、補正機能はあれど、なるべく写真に正対するに越したことはありません。そのため、よりキレイにデータ化したいのであれば、撮影用の照明があるとベターかもしれません。

カメラ性能が良いスマホこそAdobe Scanを

iPhoneをはじめ、スマホのカメラ性能はどんどん良くなっていきます。

Adobe Scanはこの性能をフルに活かせるもの。キレイに写真が取れるスマホをお使いでしたら、ぜひ試してみてください。

サイトマネタイズ/AdSenseの記事一覧