カテゴリー
閉じる
カテゴリー
Top >> ヘルスケア

わかりやすいクロロゲン酸

目次

クロロゲン酸とは

クロロゲン酸は、コーヒー豆に多く含まれるポリフェノールの一つです。

コーヒーだけでなく、さつまいもやごぼう、りんご、なす、春菊などにも含まれていますが、“コーヒーポリフェノール”の異名を持つ通り、コーヒー内の含有量がダントツに高くなっています。

コーヒーの成分、というとまずカフェインが思い浮かぶ方が多いでしょう。

ところが、成分をみてみると、クロロゲン酸の方がカフェインよりも多く含まれていることに気付きます。

仮にコーヒーを1杯飲んだ場合、その中身の5~10%がクロロゲン酸です。

コーヒーの香りや苦み、褐色も、クロロゲン酸によるものと言われています。

クロロゲン酸の持つ効能・作用

クロロゲン酸には、糖質の分解を抑制する力や脂肪を燃焼させる力、血糖値や血圧の上昇を抑える力があります。

ダイエットや糖尿病、高血圧予防をしているなら、クロロゲン酸を取り入れることで、より高い効果を得られるでしょう。

抗酸化作用が高いため、アンチエイジングにも役立ちます。

美肌や美髪、体内の若返りを目指している方は、クロロゲン酸を多く含む食品を積極的に取り入れてみましょう。

また、クロロゲン酸はコーヒーの状態が生に近いほど、含有量が多くなります。

インスタントコーヒーよりもドリップタイプを選ぶ、深煎りよりも浅煎りを選ぶ、といった配慮を行えば、さらに効率よくクロロゲン酸を摂取できるでしょう。

クロロゲン酸を摂取するタイミングは?

クロロゲン酸摂取を目的として、コーヒーを飲む場合、胃を荒らしてしまわないためにも食後の飲用が理想的です。食後に水やお茶を飲んでいる場合は、飲み物をコーヒーに変えるだけで健康な身体を目指せるでしょう。

1日の摂取量の目安は、コーヒー3~4杯程度です。

痩せたいから、若返りたいから……と飲み過ぎてしまうことなく、健康のためにも適正量を守ることが大切です。

コーヒーやカフェイン飲料が苦手な場合は、クロロゲン酸を抽出したノンカフェイン飲料やサプリメントから摂る方法もあります。コーヒーを飲むよりも含有量が多い商品が多いため、しっかりクロロゲン酸を補給したい人におすすめです。

まとめ
  • クロロゲン酸はコーヒー豆に多く含まれる
  • クロロゲン酸はポリフェノールの一種である
  • 肥満・糖尿病・高血圧防止、アンチエイジングなど幅広い作用
  • 摂取の目安は1日コーヒー3~4杯
  • カフェインが苦手な場合はノンカフェイン商品をチェック
オフィスペンぎん
作者:オフィスペンぎん(オフペン)
メディアディベロッパー、ライター、翻訳者。著書「コツコツやる人のためのAdSense攻略本」 依頼、相談、メッセージはフォームまたはTwitterから。
記事のシェア
役に立った、参考になった、おもしろかった・・もしそう思ったら、シェアしていただけると嬉しいです♪

関連ページ

同じカテゴリーの記事(ヘルスケア)

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

化学、会計、観光、アニメ、漫画などの分野の用語を収録。

固有名詞・専門用語の日英・英日辞書
ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズ、ゲームを通じて、わかりやすく学べるサイトです。

運営者:オフィスペンぎん

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次