Top >> ヘルスケア

わかりやすいチンキ

目次

チンキとは

「チンキを使ってリラックス」「ストレス解消にはチンキを」「チンキを使って肌つややかに」「眠れない夜にはチンキを」

まるで万能薬のように取り上げられているチンキ。チンキっていったい何でしょうか。

チンキとは、主にハーブをアルコールに浸して、エキスを抽出したものをいいます。チンキはハーブの有用成分をグッと引き出したもので、さまざまな用途に使われます。

どこか懐かしく昭和モダンな響きのあるチンキ、これはオランダ語の"tinctuur"が由来といわれています。英語では、ティンクチャー(tincture)といい、最近ではチンキと呼ばずに、単にティンクチャ―、あるいはハーブティンクチャーと呼ぶことが多くなってきました。

むかし『ドラえもん』で「たたりチンキ」という秘密道具がありましたが(てんとう虫コミックス第40巻)、たたりチンキのチンキは、このチンキのことです。たたりティンクチャ―とか改称してしまったら、どこかおどろおどろしさが欠けてしまいますね。

チンキは、使うハーブや作り方、使い方によってさまざまな形になるので非常に奥深く、SNSにも映えます。特に、美容や健康に敏感な女性を中心に人気があるようです。

チンキの効能

チンキは、使うハーブ(生薬も使えます)によって、具体的な効能は変わります。ですが、多くの場合、基本としてハーブに由来するリラックス効果と、アルコールに由来する血流促進の効果は得ることができます。使い方に応じて、使用するハーブを選ぶのがよいでしょう。

また、チンキはオーガニックな有用成分を使うため、健康の他、美容にもしばしば用いられます。

チンキの使い方

チンキは、薬というわけではないので、決まった使い方があるわけではありません。飲んでもよし、肌に塗ってもよしです。

例えば、次のように使うことが多いようです。

  • ホットミルクやお湯に数滴たらして飲む。
  • 洗面器にお湯をはって、数滴たらして、足湯をする。
  • お風呂にいれて入浴剤として利用する。
  • 化粧水として利用する。

チンキはアルコールを使っているので、過剰な使い過ぎには注意が必要です。また、使用するハーブや生薬によっては、身体にあわない、場合によってはアレルギー反応を起こす可能性もあります。まずは、数滴ずつ試しながら使ってみて、自分に合っているかどうか、自分の適量はどれぐらいかを把握しましょう。

また、アルコールを飛ばさずにチンキを服用する場合(加熱しないなど)、要するに酔っぱらうことになります。そのため、運転前や運転中の服用は厳禁です。

チンキの作り方

チンキは、商品として購入することもできますが、自分で作る人も少なくありません。なぜなら、チンキは簡単に作ることができるからです。普段からリラックスするのにハーブティーやアロマハーブを利用している人が、好きが高じて、チンキを作ってみるというケースが多いようです。

チンキを作るには、ハーブとアルコール(ウォッカなど)、そして密閉できるガラス製の保存容器と茶こしがあればOKです。茶こしではなく、コーヒー用のフィルターを使うと、微細な葉っぱも取り除けます。

簡単な手順は、①容器にハーブとアルコールを入れる、②密閉して冷暗所に1週間~1カ月ほど保管する(ときどきひっくり返す)、③茶こしでこす、です。

アルコールに弱い人はチンキが使えない?

チンキは、アルコール(度数の高いウォッカやブランデー、ウイスキー、ラムなど)を使います。しかし、アルコールに弱い人も少なくありません。そのような場合、アルコールではなくリンゴ酢で代用できるかもしれません。

ハーブチンキというよりも、いわゆるハーブビネガーというものです。ただ、お酢である以上、使い方はチンキほど広くはないかもしれません。

まとめ
  • チンキはハーブをアルコールに浸してエキスを抽出したもの。
  • チンキの効果は「リラックス」と「血流促進」+α
  • チンキは簡単に作ることができる
  • チンキは使用前にカラダにあうか試す
  • アルコールがダメならリンゴ酢で代用してみる?

カテゴリー:ヘルスケア

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次