閉じる
カテゴリー
もっと見る:ハウツー・コツ

入力テキストを自然な音声ファイルに変換
ペンギンTTS

ペンギンTTSは、ITソリューションを提供するトライアド株式会社がリリースするウェブサービスです。TTS(Text to Speech: テキストの音声化)の技術を活かして、入力したテキストをmp3形式の音声ファイルに変換してくれます。

変換したファイルは、ダウンロードして自由に使うことができます。商用利用OK、しかもクレジット表記不要なので、さまざまな用途が考えられます。

音声はおどろくほど自然で流暢、多言語に対応し、使用するボイスや話すスピードも選べます。

テキストをmp3形式の音声ファイルに変換するペンギンTTS
ペンギンTTS を見る

音声がとにかく自然!

ペンギンTTSを使ってまず驚くのは、音声が極めて自然なことです。ひと昔前の機械音声とはまるで違います。この分野の技術進歩には、ただただ驚くばかりです。

実際に聞いてみる方がわかりやすいと思いますので、試しにテキストから男女の声で音声(通常ボイス)に変換してみました。

通常ボイス(女性)

ペンギンTTSは、テキストを音声ファイルに変換することができるウェブサービスです。

通常ボイス(男性)

ペンギンTTSは、テキストを音声ファイルに変換することができるウェブサービスです。

さらに、通常ボイスに加えて「AIボイス」を利用することもできます。もはや肉声と比べても遜色のないクオリティです。

AIボイス(女性)

ペンギンTTSは、テキストを音声ファイルに変換することができるウェブサービスです。

多言語に対応

ペンギンTTSは、多言語に対応しています。日本語だけではなく、英語やフランス語、ドイツ語、中国語、韓国語など、主要な言語の音声ファイルをワンタッチで生成できます。英語ひとつを取ってもアメリカ、イギリス、カナダ・・・と10以上の英語に対応しています。

本記事執筆時点では、79言語に対応していましたが、サービスのリリースから時が経つにつれて対応言語数も増えているので、今後はよりグローバルに対応しそうです(とはいっても、主要な言語はほぼ対応済みです)。

筆者は英語と中国語を扱う翻訳者ですが、実際に聞いてみると、その自然さにやはり驚きました。

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. (Steve Jobs)

爱情是一种纯度,朋友是一种广度,亲情是一种厚度。(謝氷心)

多様なボイス、選べるスピード

ペンギンTTSでは、選べるボイスが多いです。本記事執筆時点では、400以上のボイスが使用可能でしたが、こちらも次第に増えていくと思われます。

男性/女性のボイスが用意されているのはもちろん、同じ性別でもいろいろなボイスを選択できます(選べるボイス数は言語によって異なります)。標準的なボイスの他にも、若くて元気なボイス、落ち着いたボイス、サブカル向けの個性的なボイスなど、テキストの特性にあったボイスが見つかります。

また、テキストを読み上げるスピードも選べます。X-slowからX-fast(Xは"Extra")まであり、体感的にはMediumが一般用、Fastが速聴用といった感じです。

ペンギンTTS テキストの読み上げ速度も調節可能

ファイルは自由に使える

ペンギンTTSで生成した音声ファイルは、基本的に自由に使うことができます。特に、商用利用OKというのはありがたいです。

また、クレジット表記も不要なので、制作者からするとファイルの使い勝手はかなり良いです。

音声ファイルの使い方はさまざまですが、主だったものとして次のようなものが考えられます。

  • 動画/映像に使用する
  • ガイダンスやアナウンスに使用する
  • 教材を音声化して勉強に使用する
  • 文書を音声化して校正校閲に使用する
  • 好きなテキストを音声化して娯楽に使用する

お手頃価格で利用できる

ペンギンTTSの料金体系は、サブスク型と買い切り型にわかれます。どちらも変換するテキスト量に応じて値段が変わりますが、同種のサービスと比べても割安です。

加えて「無料プラン」も用意されていますので、お金をかけずに気軽に試すことができます。無料プランでは、5000ポイント付与されます(通常ボイスの場合、1文字処理するのに1ポイント使用します)。

字数によって料金が変わるのであれば、当然「変換してみてけど、思った感じにならなかった」という失敗は避けたいところです。そんな不安を払うように、Preview(試し聞き)機能があるので「無駄打ち」を減らすこともできます。

ペンギンTTS 試し聞きすることで無駄な生成を避けられる

テキストよりも音声の方が人の注意を引くというのは、数々のマーケティング事例からも明らかです。

テキストをより高次元な素材とすることができるペンギンTTS、ぜひ一度試してみてくださいね。

ペンギンTTS を見る