不用品を高く売るコツ
商品説明自動作成ツールつき

目次

売りやすくなった不用品

メルカリやラクマなどのフリマアプリ、ヤフオクなどのネットオークションなど、不用品を売るのにとても便利になりました。

一昔前まではリサイクルショップや質屋に持ち込むなり、実地で開催されるフリマで出品するなりしないと売れなかったものが、スマホやパソコンさえあれば、フリマアプリやネットオークションを使って、簡単に売ることができます。

しかも、これまでは値がつかなかったものまで売れるようになり、リユースマーケットは破竹の勢いで成長しています。

不用品を高く売るには

どうせ売るなら、少しでも高く売りたいと思いますよね。メルカリなどで高値で売っている人たちを見てみると、共通点が見えてきます。

ここでは、そんなメルカリの熟練者たちを参考に、不用品を高く売るコツをまとめてみました。

キレイで詳細な画像を用意する。

高く売るための最重要ともいえる条件は、キレイな画像を使用することです。どんな素晴らしいものでも、見せ方、あるいは「魅せ方」が悪ければ、思った値段で売ることもできません。

キレイな画像とは、基本的に明るい画像のことです。部屋の中で撮影すると、どうしても暗く映ってしまいますので、できるだけ明るくして撮影しましょう。アプリのエフェクト機能を使って明るさなどをいじることもできますが、過度にエフェクトをかけると「騙している感」が生まれるので、使用はほどほどにしましょう。一眼レフやコンパクトデジカメを使うに越したことはありませんが、スマホに搭載されているカメラでも、明るさに注意するだけで、キレイな画像は撮影できます。

また、撮影するときは、全体画像の他、細部を確認できる部分的な画像もなるべく掲載するようにしましょう。特に、汚れや傷などは隠すことなく、しっかりと画像で見せてあげると、購入者も安心します(汚れや傷を隠して売ったら悪い評価につながります)。

商品説明を簡潔に伝える

画像とともに大切なのが、商品説明です。商品説明は必要な情報を簡潔に伝えるようにしましょう。

もの自体の説明の他、それを購入したとき、使用頻度や使用感、現状をわかりやすく記載しましょう。もちろん細かな仕様なども伝えた方が好ましいですが、それは文末に列記した方が親切です。いきなり細かな仕様をつらづらと書いてしまうと、読む気が失せます。

商品説明を書くのが苦手という方に向けて、商品説明自動作成ツールを作成しました!ぜひ活用してみてください。

コミュニケーションを取る

メルカリをはじめ、フリマアプリやネットオークションを使ってモノを売る時には、コミュニケーションが大切です。質問への返答は素早く簡潔に、買い手には素早く発送手配し、その旨を知らせる。リクエストがあれば、できる限り柔軟に対応する(ただし、クレーマーには毅然と対応したほうが良いです)。こうすることで、買い手からの評価は高くなります。

評価が良くなればなるほど、どんどん売りやすくなっていきます。

商品説明自動作成ツール(商品説明ジェネレーター)

メルカリなどのフリマアプリやネットオークションで出品するさいには、先にも触れました、商品説明の記載が求められます。商品説明は、第一に簡潔であるのが望ましいです。しかし、商品説明を書くのが苦手、書けないという声は少なくありません。そんなときは、商品説明自動作成ツール(商品説明ジェネレーター)を活用してみてください!簡素なものですが、商品説明の骨格はすぐに生成することができます。そのまま使ってもよし、加筆して充実させるのもよしです!

出品するものは:

取得したときは:

円で購入した。

どれぐらい使用した:

ぐらい した

出品物の状態:


注意喚起など:

事前連絡不要、即購入歓迎です。
ノークレーム・ノーリターン。
神経質な方はご遠慮ください。
値下げ交渉はご遠慮ください。
値段は応相談です。
商品説明文はここに表示されます。コピペしてお使いください。

科目一覧

最新の記事

ペンギンの教室について

ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

目次