Top >> 中国語

中国語:授权は権利を付与する?付与される?

目次

権利を付与する、ときどき付与しない

中国語の「授权」という言葉は、中国との国際貿易や中国語の契約書においてよく見聞きします。

基本的な意味は「権利や権限を付与する」であり、辞書にもこの意味しか載っていません。

しかし、ある場合には反対の「権利や権限を付与される」を意味する場合があり、解釈にあたって注意が必要です。

「授权人」は権利を付与する人?付与される人?

中国語の「授权」は、単語の成り立ちからも「権利や権限を付与する」と読み解くことができると思います。「授权」は、英語の"authorize"に該当し、中国との国際貿易や中国語の契約書では、必ずといっていいほど目にする言葉です。

では、「授权人」とはだれを指すのでしょうか。「授权人」は、原義に沿って解釈すれば、権利や権限を付与する人となります。英語でいうところの"authorizer"です。

しかし、「授权人」は、場合によっては反対の「権利や権限を付与される人」の意味になることもあります。つまり、慣習的に「被授权人」または「获得授权的人」を「授权人」と表現することがあります

例えば、中国語の契約書では、よく署名人欄に「授权人」とあります。契約を締結すべきは、正当な権限を有する者です。つまり、ここでの「授权人」は、契約書を締結する権限を付与された者、と解釈するのが妥当となります。訳語としては、原文の意味を反映させて「受任者」(委任を受けた者)とするか、もっとローカライズして「締結者」「代表者」「法人代表者」とするのが妥当でしょう。

「授权代表」でも同じです。権利や権限を付与する代表者、ではおかしいので、権利や権限を付与された代表者と解釈するのが自然ですね。

「授权人」を、原義の通り権利や権限を付与する者と解釈するのか、あるいは付与される者と解釈するのかは、文脈から判断することになります。

「授权」と「受权」の違いと意味

「授权」と「受权」、どちらもshouquanで声調まで同じです。まぎらわしいかもしれませんが、それぞれ漢字の意味を理解すれば、「授权」は権利や権限を付与する、「受权」は権利や権限を付与される、という原義がわかるかと思います。

では、先の契約書の例では、受任代表者とすべきところは「受权人」にすればよいと思われるかもしれませんが、中国語の契約書では通常、契約締結者を「受权人」と表現しません。

もし中国語で契約書を作成するのなら、そもそも締結者は「公司代表」(会社代表者)とする手もあります。

カテゴリー:中国語

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次