Top >> 教養・リテラシー

債権・債務、売掛金・買掛金の意味と違い

とりわけビジネスにおいては、債権や債務、売掛金や買掛金という言葉が頻繁に使われます。

ここでは、それぞれの言葉の意味と違いについて、わかりやすく説明します。

目次

債権は権利、債務は義務

まずは、債権と債務から見ていきましょう。

辞書などを調べてみると、債権とは「特定の人に対して、一定の給付または行為を請求する権利」というように説明されています。

一方で、債務とは「特定の人に対して、一定の給付または行為を提供する義務」というように説明されています。

まずポイントとして、債権は権利であり、債務は義務であり、債権と債務は一対の言葉ということです。

債権という権利を持つ人のことを債権者、債務という義務を負う人のことを債務者と表現します。

そのため、債権の「特定の人に対して、一定の給付または行為を請求する権利」の特定の人は債務者となります。また、債務の「特定の人に対して、一定の給付または行為を提供する義務」の特定の人は債権者になります。

もっとも身近な債権/債務として、お金の貸し借りが挙げられます。この場合、お金を貸した後に債権/債務は発生します。

「お金を貸したら返さなければならない」、つまりお金を貸した側は貸したお金を返すように請求する権利(債権)を持ちます。また、お金を借りた側は、お金を返す義務(債務)を負います。つまり、お金を貸した側は債権者になり、借りた側は債務者になります。

債権を「債券」と誤記するケースがよくありますが、債権は権利であることを理解していれば、このようなミスは減るかと思います(わかっていても誤変換することがあるので、気をつけてください)。ちなみに、債券は国や企業が投資家から資金調達をするのに発行する、国債や社債などの有価証券のことです。

不良債権とは

不良債権とは、実現できなくなった債権のことです。わかりやすくお金の貸し借りの例でいうと、お金を貸したのに返してもらえない、消化できない状態の権利のことです。

例えば、銀行がお金を貸した(融資した)けど、借りた側がお金を返さない(返せない)ときには、銀行の持っていた「お金を返してもらう」という債権は不良債権になってしまいます。また、このような状態を、債権が焦げつくと表現することもあります。

会社の取引でも、不良債権が発生することがあります。会社の場合には、顧客に商品を販売した、またはサービスを提供したにもかかわらず、その顧客が代金を支払わない(支払えない)場合に、会社の持つ「代金を支払ってもらう」という債権は不良債権になります。顧客の倒産に伴い、不良債権化するのがよくあるパターンです。

なお、不良債権への対策として、取引前の信用調査や与信管理などがあります。

債権回収とは

債権回収。この言葉の意味がよくわからないという声は、少なくありません。それもそのはず、債権は権利で、権利を回収すると考えたら、つじつまが合わなくなります。

債権の基本的な意味は、特定の人に対して一定の給付または行為を請求する「権利」のことですが、慣例的にその権利に基づき請求できる給付または行為の内容自体を指すこともあります。例えば、銀行がお金を貸した場合は、返済されるお金を債権、会社が取引で商品を販売またはサービスを提供した場合は、支払われる代金を債権ととらえることもあります。

このような慣例的な使い方を理解しておくと、債権回収という言葉もきっと理解しやすくなると思います。

債権回収とは、債権に基づいて請求できる給付または行為を実施させること(強制的に債権を実現すること)をいいます。

わかりやすくいうと、お金を貸した銀行であれば、貸したお金を強制的に取り立てることが債権回収です。また、商品を販売した、またはサービスを提供した会社が顧客から代金を強制的に取り立てることが債権回収です。

債権回収は通常、不良債権になった場合、あるいはそのおそれがある場合に行われます。

また、債権回収を専業とする債権回収業者(元の債権者から債権を引き継ぎ、代わって債権を実現する業者。いわゆる「取り立て屋」みたいなもの)というのもあります。

債権回収業者というと、暴力団のようなイメージを持つかもしれませんが、一応は「債権管理回収業に関する特別措置法 第5条」によって、暴力団が営む会社や、暴力団が回収業務に従事するおそれのある会社は、営業が許可されないことになっています。

債務:言葉の使い方

債務という義務を果たすことを(お金の貸し借りで考えたときには、お金を返すことを)、債務を弁済する、債務を返済する、債務を償還する、債務を履行する、と表現します。いずれも正しい使い方で、中でも「債務を弁済する」は、法的にも正しい表現です。

なお、債務を完全に弁済する、返済する、償還する、履行することで、その債務と対応する債権は消滅します(貸し借りがなくなりチャラになる)。

法的には「債務を弁済する」と表現する。

例1:民法474条

債務の弁済は、第三者もすることができる。ただし、その債務の性質がこれを許さないとき、又は当事者が反対の意思を表示したときは、この限りでない。

例2:民法705条

債務の弁済として給付をした者は、その時において債務の存在しないことを知っていたときは、その給付したものの返還を請求することができない

売掛金と買掛金の意味

ビジネスで特に覚えておきたいのが、売掛金と買掛金の意味と違いです。

売掛金と買掛金は、売買が掛取引かけとりひきで行われるときに発生します。掛取引とは、商品やサービスの販売時点で代金を決済することなく、支払日を別途定めて、支払を行う形の取引のことです。

例えば、よくあるのが、「月末締め・翌月〇日払い」で、1月の取引を1月末日時点で締めて、2月〇日にその1月分の代金をまとめて支払うというものです。なお、コンビニやスーパーで買い物をするときは、購入と同時に代金を支払うので、掛取引ではありません。行きつけの酒場で「お代はつけておいて!」というのは、掛取引になります。

商品やサービスを販売したけど、まだ代金が支払われておらず、後々に請求できるその代金のことを売掛金といいます。売り手が売掛金を持つということは、債権を持っているということになります。

反対に、商品やサービスを購入したけど、まだ代金を支払っておらず、後で支払わなければならないその代金のことを買掛金といいます。買い手が買掛金を持つということは、要は借金しているのと同じで、債務を負っているということになります。

会社間のビジネスなど、大きな取引は通常、掛取引の形を取ります。掛取引は別名「信用取引」ともいい、買い手に信用があるからこそ、売り手は支払いを待ってあげられます。

また、買掛金の支払日などは、取引基本契約書や覚書などで取り決められるのが一般的です。

売掛金の発生のように、売り手が支払いを待ってあげることを、買い手の立場からは「期限の利益」といいます。買い手は支払いを免れている間、その分のお金を自由に使うことができるため(キャッシュフローがよいため)、利益と表現されます。しかし、買い手が支払不能に陥りそうな場合、売り手としては所定の支払日にかかわらず、すぐに支払ってもらいたいところです。そのため、契約書で「期限の利益の喪失」という条項を設けて、その期限の利益が喪失する基準(倒産、清算、会社更生、吸収合併、債務超過など)を定めるのが通常です。

債権・債務、売掛金・買掛金を英語でどう訳す?

ビジネスは今やグローバルなので、債権・債務、売掛金・買掛金のような言葉も英語で知っておくと役に立つことが多いです。

一般的な英訳として、債権は"credit"、債権者は"creditor"。また、債務は"debt"、債務者は"debtor"が当てられます。

ちなみに、貸借対照表の貸方(右)は英語で"credit"、借方(左)は英語で"debit"です。クレジットカードとデビットカードのように、一対になっていることに気づくと、覚えやすいです。

ただ、英訳はケースバイケースで変わるので、場合によっては債権を"claim"と表現できますし、債務を"liability"と表現することもあります。特に契約書では、このような表現が目につきます。

また、売掛金は"account receivable"、買掛金は"account payable"で、英語の財務諸表では頻出なので覚えておきたいところです(通常はaccountsと複数形にします)。

債権・債務、売掛金・買掛金を中国語でどう訳す?

中国語で債権は「债权」、債務は「债务」と表現します。日本語と使用する漢字は同じなので、わかりやすいと思います。ただ、一般的に債権者は「债权人」、債務者は「债务人」と微妙に異なります。

また、会計学的に正しくは、売掛金は「应收账款」、買掛金は「应付账款」と表現します。「应收账款」は受け取らなければならない代金だから売掛金、「应付账款」は支払わなければならない代金だから買掛金です。単純に「应收款」「应付款」と言ったりもします。

関連記事

カテゴリー:教養・リテラシー

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次