クイズで覚える二十四節気

目次

八節の成り立ち

春分や秋分、夏至や冬至など。地球と太陽の位置関係から、一年を24等分した区切りのことを二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。

教養を高めるうえでも、二十四節気の各名称・読み方を覚えておいて損はありません!

クイズを始めるまでに、二十四節気について、簡単におさらいしましょう。

一年を区分けするとき、最も基本となるのは、夏至と冬至です。

まず、昔の人は、一年で最も昼(日の出から日の入りまで)が長い日を夏至と呼び、一年で最も昼が短い日を冬至と呼びました。夏至と冬至だけで、一年は二等分できます。

次に、昼と夜(日の入りから日の出まで)の長さが同じ日をそれぞれ春分と秋分と呼びました。

これを時系列に並べると、春分、夏至、秋分、冬至と4等分できます。これを二至二分(にしにぶん)と呼び、この考え方に基づいて春夏秋冬が分けられています。

そして春のはじめは立春、夏のはじめは立夏、秋のはじめは立秋、冬のはじめは立冬と呼ぶようになりました。立春・立夏・立秋・立冬をまとめて四立(しりゅう)と呼びます。

二至二分と四立、あわせて8等分になりました。これらをまとめて八節(はっせつ)と呼びます。八節は手紙や天気予報などでもよく見聞きするので、習わずとも知っているという方もいらっしゃるかと思います。立春りっしゅん立秋りっしゅう春分しゅんぶん秋分しゅうぶんは、それぞれ読み方が似ていて混同しやすいですね。

八節(二至二分と四立)の図
図:八節(二至二分と四立)

より細かい24等分に 二十四節気

365日を八節で分けると45日ほど、いささか間隔がまだ長く使い勝手が悪いです。そこで、さらに細かく分け、八節それぞれの節目と節目の間にさらに均等に節目を2つ追加しました。立春と春分の間にうすいとけいちつ、春分と立夏の間にせいめいとこくうといった具合に、合計で24等分となり、これがいわゆる二十四節気と呼ばれるものです。

二至二分、四立に比べて、さらに加わったこれらの節目は現代ではあまり馴染みがなく、聞いたことがないものもあるかと思います。ぜひクイズ形式で覚えて、教養を高めてみてください!

二十四節気の図
図:八節(二至二分と四立)

二十四節気一覧

二十四節気を覚えるのにあたって、下表の一覧をご参照ください!

季節 節気 よみかた 日にち
立春 りっしゅん 2月4~5日
雨水 うすい 2月18~19日
啓蟄 けいちつ 3月5~6日
春分 しゅんぶん 3月20~21日
清明 せいめい 4月4~5日
穀雨 こくう 4月20~21日
立夏 りっか 5月5~6日
小満 しょうまん 5月21~22日
芒種 ぼうしゅ 6月5~6日
夏至 げし 6月21~22日
小暑 しょうしょ 7月7~8日
大暑 たいしょ 7月22~23日
立秋 りっしゅう 8月7~8日
処暑 しょしょ 8月23~24日
白露 はくろ 9月7~8日
秋分 しゅうぶん 9月23~24日
寒露 かんろ 10月8~9日
霜降 そうこう 10月23~24日
立冬 りっとう 11月7~8日
小雪 しょうせつ 11月22~23日
大雪 たいせつ 12月7~8日
冬至 とうじ 12月21~22日
小寒 しょうかん 1月5~6日
大寒 だいかん 1月20~21日

勉強できること