Top >> 教養・リテラシー

受注先?受託先?「受〇先」の誤った使い方と言い換え

本記事は、「混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]」の補足です。ここでは「~先」を使うべきではないケースについて、解説したいと思います。

目次

「受」と「先」は組み合わせるべきではない

以前「混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]」でも少しふれましたが、受入先という言葉は、言葉の成り立ちから考えれば、受入という動作を行われる側を指すので、派遣元(派遣する側)を意味しますが、実際には受け入れる側で使用されています。原義に従えば、これは誤りであって、本来は受入元というべきでしょう。

では、なぜこのような誤用が発生するのか。それは、「受」という漢字自体が受け身的な動作であるためと考えられます。そのため、「受」がつく言葉に、動作が受け身的に行われる「~先」をつけると不具合が生じてしまいます。

「受〇先」は別の表現に言い換える

「受〇先」のようなたった3字の中で矛盾をはらむ言葉を使用するのは、好ましくありません。なぜなら、人によって解釈が異なる場合があるからです。

しかし、実際には受託先、受注先、受領先、受任先といった表現を見かけることがあります。これらは動作を行う側なのか、行われる側なのか、文脈で判断する必要があります。

基本的に、受〇先という言葉は使用せず、「受〇元」と言い換えるか、別の「~元」「~先」で言い換えるべきでしょう。

例えば、受注先というどっちとも判断がつかない言葉がある場合、注文を受ける側を指すなら受注元または発注先と言い換えて、もし注文する側を指すなら「発注元」と言い換えれば、わかりやすくなります。

「受〇先」の言い換え例:

×受注先 ⇒
 受注する側なら:〇 受注元、発注先
 発注する側なら:〇 発注元

×受託先 ⇒
 受託する側なら:〇 受託元、委託先
 委託する側なら:〇 委託元

×受任先 ⇒
 受任する側なら:〇 受任元、委任先
 委任する側なら:〇 委任元

×受領先 ⇒
 受領する側なら:〇 受領元、提供先など
 渡す側なら:〇 提供元など

受〇先という表現の不具合は、思わぬトラブルを生む可能性があります。

例えば、契約書で「受注先」と書いた場合、受注側を指すのか発注側を指すのか、解釈が分かれてしまうおそれがあり、契約違反が生じるリスクになりえます。そもそも、混乱を招く表現を契約書などでは使用すべきではないでしょう。

もし正式な文書でこのような表現があった場合、どちら側を指しているのか確認するようにしましょう。

関連記事

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

なかなか見つからない固有名詞や専門用語の英語定訳を下記から確認できます。

日英/英日辞書 Niugnep

ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次