Top >> フリーランス・副業

口座名義に屋号を入れる落とし穴

こんにちは、オフィスペンぎんです。

私はかつて会社に勤めていた一方で、翻訳やライティングなどの副業もしていました。副業の売上が伸びてくると、気になるのは税金。節税対策のため、個人事業主として開業届を出しました。開業にあわせて、専用の取引用口座を作ったのですが、口座名義に屋号を入れてしまったのは痛手でした。

目次

口座名義に屋号を入れたい

開業届を出して晴れて個人事業主になると、事業専用の銀行口座が欲しくなりました。そこで、開業届を提出したその足で、某銀行に行って口座を開設しました。

個人事業主は会社ではないので、取引口座であってもその名義は氏名とするのが一般的のようです。しかし、希望があれば「屋号+氏名」とできるようで、屋号入りの口座を作れました。なお、屋号のみの口座名義は作れません。

屋号入りの口座名義は、いわゆるメガバンクなら可能のようですが、すべての銀行で対応可能かはわかりません。もし、屋号入れを希望するなら、事前に銀行に問い合わせるのが間違いありません。

しかし、口座名義に屋号が入っていてもいなくても、実質的に何が変わるわけでもありません。

ではなぜ屋号を入れたのか・・。私は自前のウェブサイトもクラウドソーシングの取引でも屋号を前面に出しているため、口座名義にも屋号を入れて統一感を持たせたいと思いました。また、個人氏名の口座を使うことでビジネスらしさが損なわれることを回避したかったという理由もあります。

また、完全に自己満足ですが、屋号を入れると「事業感」があって、モチベーションがあがるだろうと思いました。

屋号を入れると振替ができない

口座名義に屋号を入れるメリットは、実にモヤっとしたものですが、デメリットははっきりとしたものがありました。それは、振替ができないことです。

私はプライベート用口座と事業用口座を分けていますが、どちらも同じ銀行でつくったものです。同一名義の口座であれば、無料で振替ができる(お金を移動できる)と考えていましたが、これは同一名義でなければならないという条件がありました。

私がプライベートで使っていた口座名義は「氏名」だけ、一方開業に伴い作った事業用口座は「屋号+氏名」です。たとえ氏名が同じであっても、「同一名」とは見なしてもらえず、結果プライベート用口座と事業用口座の間で振替はできなくなってしまいました。

こうなると、お金を移動するためには振込にしなければなりません。しかし、振込では振込手数料がかかることがあります。そのため、結果的にわざわざATMまで足を運び、出金しては改めてもうひとつの口座に預金しなおす、といった生産性のないことを繰り返すことを余儀なくされました。

口座名義に屋号を入れられるかどうか、屋号入りと屋号なしを同一名義と見なしてもらえるかどうかは、銀行によってかわるかもしれませんが、これから開業して事業用口座を作る方は、ぜひご参考いただければと思います。

記事のシェア
役に立った、参考になった、おもしろかった・・もしそう思ったら、シェアしていただけると嬉しいです♪

カテゴリー:フリーランス・副業

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

化学、会計、観光、アニメ、漫画などの分野の用語を収録。

固有名詞・専門用語の日英・英日辞書
ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次