Top >> フリーランス・副業教養・リテラシー

事業者が現金を扱わないメリット

目次

キャッシュレスのメリット

こんにちは!オフィスペンぎんです。

以前、英会話教室の経営者から聞いた話で印象深かったことがあります。その方はアメリカでMBAを取得してから日本で独立。ビジネス街でビジネスパーソン向けに英会話教室を開きました。

その教室の売上のほとんどは入会金や授業料、教材費で構成されています。特に変わり映えがするわけでもありませんね。しかし、その方は、支払いはすべて銀行振込でお願いしていました。現金は一切受け付けていませんでした。

今になって思えば、現金を扱わないことは、その教室に限らず、事業を営む上で多くのメリットがあることに気がつきます。

①レジ業務の手間がなくなる

現金を扱わなければ、お会計やレジの準備・締めが不要になるので、手間が省けます。レジ業務がなくなれば、人的コストも抑えられます。

②釣り銭を準備する必要がない

釣り銭は毎回用意するだけでも手間がかかります。そのうえ、自由に使えない「死に金」を常に一定額用意しておくと、キャッシュフローが滞ります。

③違算発生のリスクがない

お会計がなくなれば「いくら足りない」「いくら多い」といった違算発生のリスクがなくなり、経理処理や仕分けが円滑になります。

④記録が残る

誰が、いつ、いくら支払ったかを確認するのに現金は弱いです。銀行振込であれば、お金の動きが記録され、可視化されるので、売掛の回収を確認するのも簡単です。

⑤防犯につながる

現金を扱わなければ、それだけ犯罪が発生するリスクが低くなります。窃盗や強盗など、現金のある所に犯罪は生まれやすいのでは。

キャッシュレス対応が成否を握る?

2019年の増税と同時にキャッシュレスが推進され、小規模事業者であってもキャッシュレスに対応できるかどうかがビジネスの成否を握りそうです。

クレジットカードやスマホ決済サービスを活用した電子マネーなど、さまざまな「キャッシュレス規格」が登場し、全てに対応するのはハードルが高くなりそうです。また、この他、仮想通貨は今も健在で、キャッシュレスがどのような形に収束するのか今後の動向に目が離せませんね。

カテゴリー

人気の記事

ペンギンの教室について

ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

運営者:翻訳者兼ライターのオフィスペンぎん(個人)

-- 連絡先 --

フォーム Twitter

気軽に話しかけてください!

目次