閉じる
カテゴリー
Top >> ウェブデザイン(HTML/CSS)

Jimdoウェブデザイン
文章を枠線で囲む

Jimdoで文章を枠線で囲みたいとき、ワンクリックで実装できるメニューがありませんので、HTML/CSSを編集する必要があります。

とはいっても、とても簡単に実装できるので、身構える必要はありません。

ここでは、短い文章や1つの段落を枠線で囲む方法を紹介します。複数の段落を枠線で囲むにはをJimdoウェブデザイン:複数の段落を枠線で囲むをご覧ください。

目次

文章を枠線で囲む方法

  1. コンテンツから「文章」を選択、枠線で囲みたい文字を入力します。
  2. メニューから「HTMLを編集」を開きます。
  3. Jimdo コンテンツ「文章」 HTMLを編集
  4. 入力した文字が<p>と</p>で囲まれているので、はじめの<p>のうち、pの直後に半角スペースをとって、下記コードをペーストします。
  5. style="border: solid 1px black; padding: 16px;"
    Jimdo コンテンツ「文章」 HTMLを編集 CSSを記述する
  6. 「OK」→「保存する」で完成
  7. 文章を枠線で囲む

ペーストしたコードの解説

style=" "は、デザインを指定するエリアです。ここにどのようなデザインにするか具体的に記述します(CSS)。

border: solid 1px black;について、borderは枠線、solidはその枠線の種類を、1pxはその枠線の太さを、blackはその枠線の色を指定しています。

solid は単線の指定で、次のように変更することもできます。

  • solid:単線
  • double:二重線
  • dashed:ハイフン線
  • dotted:点線
  • outset:立体
  • inset:窪み

枠線の色はカラーネームのほか、カラーコード(16進数)で指定することもできます。

カラーネーム カラーコード
Blue #0000FF
Red #FF0000
Yellow #FFFF00
Green #008000
Brown #A52A2A
Grey #808080
White #FFFFFF
Black #000000

そして、枠線を太くしたければpxの数字を大きく、細くしたければpxの数字を小さくします。

padding: 16px;について、paddingは枠線からコンテンツまでの距離を指定します。ここでのコンテンツとは文章のことで、枠線と文章の間に16pxの余白を持たせています。

もっと余白を広くもたせたければpxの数字を大きく、狭くしたければpxの数字を小さくします。

ここでは上下左右の余白を一括で指定していますが、それぞれ別の値を指定することもできます。詳しくは、padding/marginの指定方法(準備中)をご覧ください。

枠線内の文章を中央寄せにする

枠線で囲んだ文章を中央寄せにするには、通常通りメニューから「中央寄せ」を選べばOKです。

メニューから「中央寄せ」を選択

あるいは、ペーストするコードにtext-align: center;を追加してもOKです。

style="border: solid 1px black; padding: 16px; text-align: center;"

枠の角を丸める

ペーストするコードにborder-radius: 16px;を追加することで、囲んだ枠を丸めることができます。borderは枠線、radiusは半径を意味します。

style="border: solid 1px black; padding: 16px; border-radius: 16px;"
styleにborder-radiusを追加する。 枠の角が丸まった。

指定する値は16pxじゃなくても大丈夫です。細かな説明は省きますが、数値を大きくすれば角がより丸く、数値を小さくすれば角がより尖ります。

枠線を活用する

枠線を活用すると、下のようなフローチャートも「文章」コンテンツだけで作成できます。

文章を枠線で囲んだ応用例

仕組みは単純ですが、カラムと枠付きの文章を組み合わせるだけでも、思いのほか創造性が膨らみます。

パズル感覚で、ぜひいろいろ試してみてください。

記事のシェア
役に立った、参考になった、おもしろかった・・もしそう思ったら、シェアしていただけると嬉しいです♪

こちらも役立つかも?

同じカテゴリーの記事(ウェブデザイン HTML/CSS)

ペンギンの教室
カテゴリー
人気の記事
固有名詞/専門用語 日英辞書

化学、会計、観光、アニメ、漫画などの分野の用語を収録。

固有名詞・専門用語の日英・英日辞書
ペンギンの教室について
ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズ、ゲームを通じて、わかりやすく学べるサイトです。

運営者:オフィスペンぎん

相談/連絡:フォームまたはTwitter

目次