閉じる
カテゴリー
もっと見る:英語

販売元/販売先を英語で表現するには

目次

日本語の整理:販売元と販売先

まずはそれぞれ日本語の意味を正しく把握しましょう。

販売元とは、販売する側、つまり販売者を指します。売る側のことです。

販売先とは、販売される側、つまり購入者を指します。買う側のことです。

~元と~先の使い分けについては、混乱する人が少なくありません。そのため、英訳するにあたっては、それぞれ言葉の意味を確認しておきましょう。

参考 >>混乱しやすい[~元/~先][~er/~ee]

販売元を英語でどう表現するか

販売元は、販売する側、つまり販売者のことなので、英語では次のような表現が考えられます(以下、単数形で記載します)。

  • Seller
  • Supplier
  • Provider
  • Distributor
  • Agent
  • Dealer
  • Retailer

Sellerは、単純に何かを売る人や会社を指します。口語でも文語でも使えます。

Supplierは、供給者または仕入先のことです。特に仕入関係や売買関係を明確に表したい場合には、Supplierが適訳です。

Providerは、提供者のことです。特に無形のサービスの販売元を指すことが多いようです。

Distributorは、販売店または販売代理店を指します。例えば、製造者、販売者、購入者などの流通のフェーズを明確に分けたい場合に使用します。この場合、製造者も販売者も、購入者から見ればSellerとくくることもできるので、Distributorなど、具体的に区別します。

Distributorと似た言葉としてAgentもありますが、こちらもDistributorと同様に使い分けるのが望ましいです。

Dealerの意味は割と漠然としていて、ある物を仕入れて、それを売る仕事をする人や会社のことです。スラングとして、違法薬物の売人を指すこともあります。

Retailerは小売店、つまり最終消費者に販売する業者や店を指します。

販売先を英語でどう表現するか

販売先は、販売される側、つまり購入者のことで、英語では次のような表現が考えられます。

そのため、英語では次のように表現できます。

  • Buyer
  • Purchaser
  • Customer
  • Client
  • Consumer
  • User

Buyerは、最もシンプルな英訳で汎用性も高いです。

Purchaserは、ほとんどBuyerと同じ意味、同じ使い方ですが、buyerほど頻繁に使われません。

CustomerとClientは、いずれも顧客を指します。特に、ビジネスシーンで多用します。

Consumerは、消費者のことです。

Userは、使用者のことで、販売元をProviderなどの言葉で表す場合には対になります。

Seller/Buyerを使うメリット

販売元/販売先を英語でどう表現すべきか迷ったら、Seller/Buyerとするのがシンプルで無難です。

もちろん、ケースバイケースで適訳を使用するにこしたことはありません。

しかし、Seller/Buyerと訳せば、ほとんど誰にでも通じます。

また、Seller/Buyerは口語としても使用されますが、文語としても使用できます。例えば、売買契約書で販売当事者と購入当事者をそれぞれthe Seller/the Buyer と表現することも一般的です。

関連記事

関連ページ

英語をわかりやすく解説!

目次