英語の題名や見出しを大文字表記する方法

目次

どこを大文字にするの?

英語で題名や見出しを書くとき、強調するために、あるいはデザインを考慮することで、大文字にすることがありますね。例えば、論文を書く場合には、題名を英語で書くこともあるのではないでしょうか。

しかし、いざ大文字にしようと思っても、いったいどこを大文字にすべきか悩むことはないでしょうか?私は仕事柄、英語を扱うことが多いので、よく疑問に思っていました。

大前提として、それぞれスタイル・ガイドがある場合にはそれに従えば良いのですが、どこを大文字にするかまで取り決めているスタイル・ガイドはあまり見たことがありません。

いろいろ調べているうちに、題名や見出しを大文字表記するには、いくつかパターンがあることに気が付きました。

ここでは、よく見る4パターンを紹介したいと思います。

1. 先頭単語の頭文字だけ大文字にする

1つ目は、先頭単語の頭文字だけを大文字にする方法。つまり、通常の文章と変わらずに書く方法です。

例えば、ウェブ記事の題名では、このパターンが多いようです。

強調するためには、フォントサイズを大きくするなり、太字にするなりして対処しています。

BrE(British English)のBBCとAmE(American English)のCNNウェブサイトを確認したところ、このパターンがほとんどでした。

なお、国名や人名、固有の名称などが文中にある場合、その箇所は通常通り大文字にしますので、お忘れなく(以下同)。

例1 記事題名

What are the health benefits of coconuts?

(BBCウェブサイトより)

例2 記事題名

Ebola outbreak in DRC is over, WHO says

*DRC=Democratic Republic of the Congo:コンゴ民主共和国
*WHO=World Health Organization:世界保健機関

(CNNウェブサイトより)

2. 前置詞・冠詞・接続詞以外を大文字にする

2つ目は、先頭単語の頭文字を大文字にするほか、前置詞・冠詞・接続詞以外を大文字にするパターンです。

当初は、「内容語」の頭文字は大文字にし、「機能語」の頭文字は小文字にすると考えていましたが、機能語にはもっぱら大文字表記される人称代名詞、be動詞、助動詞が含まれるので、この考え方は厳密には正しくないと思います。「内容語」と「機能語」については、下記補足をご覧ください。

なお、関係詞の立ち位置は微妙です。この2つ目のパターンにおいても、大文字にすることもあれば、小文字にすることもあります。個人的には文法的要素が強いので、小文字にしています。

例1 レポート題名

Review of NASA Reponse to National Academy of Public Administration Report on Foreign National Access Management

(NASAウェブサイトより)

例2 論文題名

Ion Collection by a Conducting Sphere in a Magnetized or Drifting Collisional Plasma

(MIT Plasma Science and Fusion Center、DSpace@MITより)

【補足】内容語・機能語とは

「内容語」とは、簡単に言うと、単独でも意味を持つ語のことです。実質語や観念語とも呼びます。例えば、名詞や動詞、形容詞、このあたりの品詞はどれも内容語に該当します。

■ 内容語の例

「犬」(名詞、単独でも意味をなす → 内容語)

「寝る」(動詞、単独でも意味をなす → 内容語)

「かわいい」(形容詞、単独でも意味をなす → 内容語)

一方、「機能語」とは、単独では意味を持たない、文法的な機能しかない語のことです。日本語では助詞、助動詞などが該当します。

■ 機能語の例

「・・・が」(助詞、単独では意味をなさない → 機能語)

「・・・られる」(助動詞、単独では意味をなさない → 機能語)

英語では、前置詞、冠詞、接続詞、関係詞、助動詞、be 動詞、代名詞が機能語に該当すると言われています。

3. 全単語の先頭を大文字にする

3つ目は、すべての単語の先頭を大文字にするパターンです。これはもはや迷いようがなく、もっとも簡単な大文字表記法ですね。

例1 記事題名

Brazilian Drug Lord Who Used Plastic Surgery To Change Looks Arrested After 30 Years On The Run

(Newsweek、Yahoo!USAより)

例2 記事題名

CNN Has The ‘Trust’ Advantage Over President Trump In A New Poll

(HuffPostより)

4. 全てを大文字にする

題名をより強調する場合や、スローガン、キャッチコピー、見出し、テロップ、キャプションなどでは、すべて大文字にすることがあります。

例1 ニューステロップ

BREAKING NEWS
VIOLENT SUMMIT PROTESTS
CLASHES WITH POLICE AS WORLD LEADERS MEET

(abc NEWS より)

例2:スローガン

WE EDUCATE LEADERS WHO MAKE A DIFFERENCE IN THE WORLD.

(Harvard Business School ウェブサイトより)

どうやって使い分けるか

総合的にみてみると、論文やレポートではパターン1~2が、記事ではパターン1~3がよく目につきます。4は、インパクトやデザイン的な要素を考慮したスタイルだと思います。

しかし、これらはあくまで「傾向」であって、スタイル・ガイドで決まっていない限りは、絶対にこうしなければならないという決まりはありません。

あまり難しく考える必要もありませんので、迷ったらひとまず1か2に、普通の文章と変わり映えしないのが気になるのなら2にしておけば無難ではないでしょうか。筆者個人的には、2の表記法をおすすめしています。

科目一覧

最新の記事

ペンギンの教室について

ペンギンの教室の作者:オフィスペンぎん

ペンギンの教室は、日ごろ感じる疑問や覚えなければいけないことを、記事や復習問題、クイズを通じて、わかりやすく学ぶことをお手伝いするサイトです。

目次